ED治療薬以外の治療方法

バイアグラが世界で初めて誕生したのは1998年で日本で承認されたのは翌年の1999年です。販売当初は男

性の夢の治療薬として世界中で話題となりました。20年程前の話ですが、もちろんED患者はそれ以前にもいたはずです。ではバイアグラが誕生する前から行われているED治療方法とはどのような方法だったのでしょう?

陰茎海綿体注射

陰茎海綿体注射

男性の性器にある陰茎の海綿体へ直接血管を拡げるための薬剤を注射する方法です。EDの原因は血液が海綿体へ流れにくくなってしまっているので、血管を拡げることができれば勃起しやすくなるためです。この方法はED治療薬と似ていますが、やはり毎回注射するわけにもいかず、さらに自己注射禁止なので医師でしか注射できない為毎回病院へ行かなければいけません。

陰圧式勃起補助具

陰圧式勃起補助具

男性の性器の陰茎を陰圧(物体の内部の圧力が外部より低い状態)させることで陰茎の海綿体へ血液を流入させます。勃起に似た状態を作り上げ、陰茎の根元にリング状のものを装着することで勃起状態を維持させます。この方法もやはりED治療薬に比べると手間がかかりすぎます。

陰茎プロステーシス移植手術

陰茎プロステーシス移植手術

ED治療の最終手段と言われている方法で、プロステーシス(人工器官)を陰茎の海綿体内へ移植させる手術を行います。 棒状のもので曲げ伸ばしができるノンインフレータブルタイプのものと、水の移動のポンプ式のインフレータブルタイプの2種類があります。この手術方法は満足な性生活を取り戻すことができますが、大掛かりな手術と、治癒の期間、自然な勃起ができなくなる、器具のメンテナンスや再手術などが必要とデメリット面も大きくなっています。この移植手術はあくまでも最終手段として考えられています。

メリットの多いED治療薬の使用が最も推奨されます

どの方法も現在でも行われている方法で、確実性はもちろん高いです。しかし、メリット面デメリット面を照らし合わせてみるとED治療薬に勝るものはないのではないでしょうか?不安であればやはりED治療薬を使い自信を取り戻していきましょう。精神的なプレッシャーの軽減もEDを克服するためにはとても必要です。

ED治療薬の通販 ED治療薬の通販