インド製のジェネリックが多い理由

インド製のジェネリックが多い理由

インド製ジェネリックは何気なく使っているかもしれません

海外通販でED治療薬を購入する場合多くがインド製のジェネリック医薬品になります。インドと聞くと少し疑い深い感情になる人も多いかもしれませんが、インド製のジェネリック医薬品が多いのには理由があるのです。医薬品には新薬と後発薬があり、この後発薬のことをジェネリックドラッグと言います。

実は医薬品には特許法があり、これは成分の物質的な特許と、成分の製法的な特許で一般的にはこの二つの特許が切れないと後発薬を開発することができないのです。この特許は特許権を出願してから20年なのですが、治験を行う前に特許を申請するので、開発や審査機関の10年~15年を引くと特許独占期間は5年~10年ほどになります。

インド独自の法律がジェネリック製造を可能にする

インド独自の法律がジェネリック製造を可能にする

実はインドでは物質的な特許を認めておらず製法を変えることで特許期間を終えていない新薬でも後発薬を製造することができるのです。いわゆる、作り方を変えれば同じ主成分で医薬品が作れてしまうという事です。インドだけなぜ?と考える人もいるかもしれませんが、インドのジェネリック医薬品は紛争地域や貧困国において国境なき医師団たちが使用している医薬品のほとんどの割合を占めているのです。インド製のジェネリック医薬品は今世界において重要な役割をしているのです。

実は2005年にインドでも特許法が改正されており、成分的な特許も認められるようになったのですが、特許が定められている医薬品でも様々なハードルを越えないとその特許は適用されないことになっていて、一般的に高いとされている医薬品はその特許が認められないとなっているのです。

シアリスのジェネリックはインド製だけ

シアリスのジェネリックはインド製だけ

実際ED治療薬のシアリスは比較的新しい医薬品ですのでインドのジェネリック以外ジェネリックは開発されていません。インドでは合法的に後発薬を作ることができ、それを個人輸入してネットなどで注文することは何ら問題がない事なのです。インド製のジェネリック医薬品が多いのはこのような特許事情の背景があったからなのです。

ED治療薬の通販 ED治療薬の通販